忍者ブログ
マコロンのブログ
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中国人の飲酒習慣に驚いたビジネスマンは多いと思う。円卓を囲んだ宴席での乾杯の応酬、そして注がれた酒は呑み干さなくてはならないという暗黙のルール。これらは上海のような大都市であればまだ可愛いものだが、地方に行くとかなり厳しい目にあうこともあるようだ。飲みつけない白酒(バイチュウ)を一気飲みしなければ商談に差し支えるかもしれないという緊張感の中で、酒が飲めないビジネスマンは苦労していると聞く。

 しかし過度の酩酊は意識をもうろうとさせるだけでなく、その利尿作用のために脱水状態を起こしやすく、心筋梗塞や脳卒中など、突然死の原因になりやすい。移動で疲れた体をおして会議に臨み、それに続く接待が終わった直後に亡くなった方の話を関係者から聞くことがあるが、実はこのようなケースは、以前ご紹介したT氏もそうだったように、決して珍しいものではない。

 「大酒家突然死症候群」という診断名は古くからあった。突然死した後に病理解剖しても、大量飲酒者の場合は原因が特定できないことがよくあることから、このような名前がついたのである。しかし毎日日本酒で5合以上飲酒する大量飲酒者は、基礎疾患が複合的に存在していたか、あるいはアルコール依存症で死の直前まで食事も摂らずに大量に飲酒していたというケースが多い。ところが最近の中国における突然死は、このようなケースより、むしろ気づかれない基礎疾患や身体的疾病リスクと、疲労、交感神経系の緊張に過度の飲酒が重なったものが目立つ。

 ある大手企業では、現地の接待で飲酒を強要されても断ってもいいという内規を作ったそうだ。それで商談が成立しなくとも止むなしという英断である。突然死が増えているという現状に鑑みれば、企業として社員を守るこうした考え方は、もっと広まってもいいのではないかと思う。

ヤフーニュースより 抜粋
食材

心筋梗塞

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/28)
(12/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索