忍者ブログ
マコロンのブログ
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おーいちごーなな

加熱の不十分な食材から感染し、100個程度という極めて少数の菌で発症し感染症・食中毒をおこす。 そのため感染者の便から容易に二次感染が起こる。

この菌はベロ毒素を作り出す。ベロ毒素は、大腸の粘膜内に取り込まれたのち、リボゾームを破壊し蛋白質の合成を阻害する。蛋白欠乏状態となった細胞は死滅していくため、感染して2~3日後に血便と激しい腹痛(出血性大腸炎)を引き起こす。また、血液中にもベロ毒素が取り込まれるため、血球や腎臓の尿細管細胞を破壊し、溶血性尿毒症症候群(急性腎不全・溶血性貧血)急性脳症なども起こることがある。急性脳症は死因となることがある。

牛等の糞便等から検出されており、その肉に付着する可能性が高い。その防止のためと畜場では施設改装し対応を行った。なお、牛に感染しても無症状である。

加熱に弱い菌であるため、ハンバーグ等挽肉を原材料とする食品は、その中心温度を75℃1分と同等に加熱することが、感染を防ぐため必要である。

また、生レバー、生センマイ等などは殺菌していないので、子供や高齢者など抵抗力の少ない人は食べないことが予防のため必要である。

下痢止めを服用すると、ベロ毒素が排出されない為、重篤もしくは死亡する。

特殊な例では、体験学習などで牧場を訪れ、O157菌の付着している乳牛の乳絞りをした子供が感染したことがある。大人と異なり、子供は免疫が弱いためと考えられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



そろそろ気をつけないとね
相変わらず 胃腸風邪もはやっているし・・・

金融情報ビッグバン

金融情報発信ブログ

金融大航海時代

金融大作戦

金融通の裏話

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/28)
(12/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索